【FF14】武器のドロップする極|ギミック解説

サポータズリンク

本内容について

本内容は6.0暁月のフィナーレにて実装された極*****討滅戦の暫定攻略記事になります。

2021/12/04時点での内容になるため、細かい誤り等ある場合がございます、予めご了承ください。

動画

動画内で使用したマーカー

マーカー

タイムライン

前半フェーズを開く
ヘロイスラジエンス(全体範囲)
シャイニングセイバー(ヒラ対象頭割り)
クリスタライズ1回目詠唱(水or氷)
 形態変化(赤or緑)+クリスタライズ発生(水or氷)
 ムーサスコーン(タンク頭割り)orマゴスラジエンス(全体範囲)
  ※形態変化(赤)の場合:ムーサスコーン
   形態変化(緑)の場合:マゴスラジエンス
オーレオール or サイド・オーレオール
クリスタライズ2回目詠唱(1回目で発生していない方)
 形態変化+クリスタライズ発生(1回目で発生していない方)
 ムーサスコーンorマゴスラジエンス(1回目で発生していない方)
オーレオール or サイド・オーレオール
クリスタライズ3回目詠唱(水or岩)
形態変化(青)+クリスタライズ発生(水or岩)
→履行フェーズへ
後半フェーズを開く
ヘイロー(全体範囲)
ライトウェーブ1回目
 ラテラルアーク
ライトウェーブ2回目
 ヘロイスグローリー×2
ヘイロー
ヘロイスサンダリング(タンク単体攻撃)
シャイニングセイバー(ヒラ対象頭割り)
形態変化(赤or緑)
※赤か緑で次のオーレオールまでのタイムラインが分岐します
 赤:ムーサスコーン(タンク頭割り)
   パルヘリオン
   クリスタライズ詠唱(水)
   サブパルヘリオン+クリスタライズ発生(水)
   オーレオール or サイド・オーレオール
 緑:マゴスラジエンス(全体範囲)
   クリスタライズ詠唱(氷)
   パーヘリックサークル+クリスタライズ発生(氷)
   オーレオール or サイド・オーレオール
形態変化(赤or緑で来てない方)
 来てない方の色の上記タイムラインが発生
形態変化(青)
レディアントヘイロー(全体範囲)
ライトウェーブ3回目
 エコーズ(頭割り)
 ブライトスペクトル(タンク頭割り+ヒラDPS単体範囲)
クリスタライズ詠唱(水)
 シャイニングセイバー
 クリスタライズ発生(水)
形態変化(赤or緑)
ライトウェーブ4回目
 エコーズ(頭割り)
 ブライトスペクトル(タンク頭割り+ヒラDPS単体範囲)
クリスタライズ詠唱(氷)
 オーレオール or サイド・オーレオール
 クリスタライズ発生(氷)
形態変化(赤or緑)
クリスタライズ詠唱(岩)
 オーレオール or サイド・オーレオール
 クリスタライズ発生(岩)
形態変化(青)
ヘロイスラジエンス(時間切れ)

前半ギミック

クリスタライズ

水、氷、岩の3種のエフェクトでギミックが変化、戦闘を通して最後まで複数回使用してくる。
ボスが次に使用する技の直後にエフェクトに応じたギミックが追加される。

ヒーラー2名それぞれ対象頭割り
→ボス方向を北と見て左右で頭割り

ボス方向を北と見て8方向で散開(マクロの基本散開を使用)

全員参加頭割り、場所はどこでもいい(終盤も来るので足元固定が安定はするかも、方向が変わる、メレーがキツい)痛い。

形態変化?

赤(踊り子?バフ欄円形マーク)

外周範囲攻撃(ダイナモ)→内周でよける

緑(キャスター?バフ欄杖マーク)

ボス周辺範囲攻撃(チャリオット)→離れる

青(メレー?バフ欄剣マーク)

十字範囲攻撃→斜めによける

ヘロイスラジエンス

3つある全体攻撃のうちの1つ、そこまで痛くない

マゴスラジエンス

3種ある全体攻撃のうち1つ、ギミック後のためか痛い気がする

シャイニングセイバー

ヒーラー対象飛びつき頭割り攻撃、後半でも使用
→ボス背面で頭割り。
※この場合ボスの向きが変わり近接にやさしくないためヒーラーが北側に行き向きを固定した方がいいかも

ムーサスコーン

タンク2名頭割り

オーレオール / サイド・オーレオール

オーレオール

前後範囲攻撃、左右安置
動画、画像内では4:4に分かれていることが多いが基本よけられればなんでもいい、体力があれば当たっても死なない、痛い、デバフがつく。

サイド・オーレオール

左右範囲攻撃、前後安置
オーレオールの逆パターン、基本オーレオールと同様、どちらも終盤まで使ってくるので慣れておくと◎

フェーズ以降技

ピュアクリスタル

6方向にクリスタルが配置、全体ダメージも同時に着弾。

エーテルが溜まるまでに6個のクリスタルを壊し切る。

追加エネミー(ハイデリン・エコー)が東西にポップ、クリスタルに近づいていると線がつき、クリスタルが硬くなるのでタンクは北方向、もしくは南方向に誘導する。※北or南の後述は後述

エーテル供給

光のクリスタルは北3つ、もしくは南3つが高速でエーテルを供給するため、エーテルを供給しているクリスタルを優先的に壊す。

エーテルを供給しているクリスタルは北3つ、南3つの2パターンで、光の柱で判断する。
タンクは壊したいエーテルと逆側へ追加エネミーを誘導する、その後壊しながら時計回りor反時計回り、回り方はタンクがやりやすければどっちでもいい、適当に壊すのは線がつく範囲が広いことから難しい。

また、追加エネミー同士が近づくことで追加エネミーも強化されるため追加エネミーの距離も離す。

クリスタルを壊すとエコーにもダメージが入る、最後は少し残ったエコーを倒す。

履行技

エクソダス

ハイデリンポーズ、ダメージは恐らくエーテルに依存しない。100だとアウト、99以下であれば生き残る。

若干フィールドデザインも変わる※後述するギミックにて重要

後半ギミック

ヘイロー

全体範囲、フィールドの外周変化 ※特に意味はない?ノーマルにもあった波をよける準備

ライトウェーブ

北に3つ、南に1つクリスタルが出現、その後北の左右どちらかが安置になるよう波がクリスタルに当たると衝撃破が発生する。
クリスタルの出現の仕方は固定、波は2パターン。
※ライトの由来をずっと右側からくる波だと思ってたら左右ランダムでした

波にあたるクリスタルと他クリスタルを自身の間に挟む(クリスタルに隠れる)ことで衝撃破を回避することができる。
※画像では北(Aマーカーライン上)のクリスタルを波が飲み込んで衝撃はが発生、4番マーカー側のクリスタルに隠れている。

矢印は衝撃波の発生、衝撃波の発生は①→②→③
※画像は波が右からくるパターン、左の場合左右反転

ラテラルアーク

前述した衝撃破が2回発生したのち、ラテラルアークを使用。(マクロ、ラテラルアーク)
ラテラルアークはタンク、ヒーラー、DPSを対象(ロール別)に扇型攻撃のため、3方向に分かれる。
この時クリスタルを挟むのは波が南(Cマーカー上)のクリスタルに当たり、衝撃破が発生するため。

別れ方は何でも良いと思う、動画ではマクロ通りAを北としてタンク / DPS / ヒーラーで分かれて処理、波の安置が4側か、1側かはランダムなため反対側へ行く人は急ぐ。

波2回目+ヘイロスグローリー*2

へロイスグローリー

ボス正面180度AOE
→背面でよける
※画像は2回目、1回目は波が動き出すタイミングのため波が動き出すタイミングでボス背面

北側左右、真ん中南側左右の合計5か所にクリスタルが出現。さらに、北方向左右に波が出現。遅れて1つ中央に波が出現。

左右どちらかが先に進むため、先に進んだ波から先に左右のクリスタルを飲み込み衝撃波を発生させる。
※画像では右側の波が先、そのため3マーカー側に隠れて1回目をやり過ごしている。

※2回目へロイスグローリー後5回目衝撃波画像

へロイスグローリーにてボスが移動する場所は恐らくランダム。
5回目(中央)の衝撃破後、ヘイロー(全体範囲)を使用してくるため、衝撃破やへロイスグローリーに被弾した人がいればカバーしてあげると〇(デバフはついているが割と生きる、なおデバフが切れるまで常に痛い)

ヘロイスサンダリング

ヘイト1位対象強攻撃。
その後前半でも使ってきたヒーラー対象飛び掛かり頭割りシャイニングセイバー→形態変化?(※前半で使ってきた赤緑青)を使用、この後半の形態変化?は全て単品でクリスタライズとの組み合わせではないため落ち着いてよける。

さらにムーサスコーン(タンク2名頭割り)を使用までがひとまとめ。

パルへリオン + クリスタライズ

ハルペリオン(3連AOE)→クリスタライズ(水)→サブパルヘリオン(パルヘリオンAOE+対称AOE)
ハルペリオンで中央から3連AOEが発生後、外周側にチャクラムが待機し、サブパルヘリオンで待機していたチャクラムが順番に反対側まで通り抜ける。

頭割りとパルへリオン(チャクラム)の帰還タイミングが被るため、頭割りを処理しながらチャクラムをよける。
※画像では上下で分かれている(マクロ、パルへリオンの組み合わせ)ここは混乱しないのであればメレーが背面になるように組み合わせを前半と変えてもいいと思う

ハルペリオン詠唱後のAOEが終わったら、3回目のAOEの表示されていた側(①)と、中央を挟んでその反対側(②)に分かれて集合。
※集合位置は床模様の大きい方の図形の凹みが目印(図参照)

サブパルヘリオン詠唱後1回目のAOE+頭割り(水)が発生するので、1回目AOEを見たら集合位置から隣になる1回目の通った場所(図形凹み部分)へ移動して処理。
(AOEの順番の関係で時計回り、反時計回りと2パターンあるが、待機地点から近い1回目AOEの方向に移動と考えるとパターンを考える必要がない)

MT H1 D1 D3:①→①’
ST H2 D2 D4:②→②’

パーへリックサークル + クリスタライズ(氷散開)

パーへリックサークルは線の先端が円形に爆発する。

そのため線が短い所で回避、その後クリスタライズ氷散開が来るためある程度自身の散開位置を意識(※動画ではボス基準(南を北として)散開。
間違ってる人もいるけどパーへリックサークル爆発から氷散開までだいぶ猶予があるので割と適当でも何とかなる。

その後オーレオール / サイド・オーレオール →形態変化(青固定?十字範囲)を使用してくるのでそれぞれ処理。

レディアントヘイロー

全体範囲4つ目、全体範囲があまりにも多すぎる。

痛さはヘイローと大差なく感じました。再度波フェーズに移行します。

波3回目(安置を探す波) + エコーズ + ブライトスペクトル

今回の波はクリスタルはなく4方向から波が出現するので安置に集合します。

その後頭割りを処理し散開します。
頭割りは合計5回来るため早く散開しすぎると頭割りから漏れてしまい残った人が痛い思いをします。

この時タンク2名頭割りも同時攻撃も来ているため、タンクの位置は動かさず、近接は近場で散開(一応ボス基準で散開しているはずです)遠隔DPS、ヒーラーは中央を北基準として波が過ぎた中央方にて基本散開方向へ散開しています。

ここは頭割り5連、散開、タンク強攻撃が来るため範囲軽減等を使ってもいいかもしれません、波は座標が被ることで連続で被弾するタイプですが、1,2発程度であれば耐えられので軽減を使うことで波のダメージを軽減することもでき、事故の防止になりそうでした。

また、この安置探し+頭割り+散開はもう1度すぐに来るので慣れておきましょう。

その後波5回目(中央安置)→クリスタライズ(おそらく水※ヒラ2名それぞれ対象頭割り固定)→シャイニングセイバー(ヒラ対象飛び掛かり頭割り)→形態変化?(赤・ダイナモ)を使用してきます。

使用順序は

シャイニングセイバー→クリスタライズ・水→形態変化?(赤・ダイナモ)なので飛び掛かった後ボスの向きを北として左右に分かれ、その後赤・ダイナモを処理しています。

その後もう1度、安置を探すタイプの波 + 頭割り + 散会が来ます。

動画ではここまでですがさらにその後オーレオール(左右安置)+クリスタライズ・岩を使用してきます。

取り急ぎこれからクリアする方の何か一助になれば幸いです。

書きなぐり状態なのでこそこそリファインします。

サポータズリンク
NO IMAGE
記事の投稿をつぶやきます。

極蛮神の最新記事8件